クールキャットの旅特集2018

Wheeled Luggage

楽しい旅行に持って行くカバンといえば、やはりキャリーケースがイチ押し。荷物が重くても車輪付きで快適に旅先を移動できるうえ、最近のキャリーケースは非常に軽量なものも多く、女性でも楽ちんに持ち運ぶことができます。

どれくらいのサイズを選んだら良いかわからない…という方のために宿泊日数別でオススメキャリーケースをご紹介。必要な容量は1泊あたり10リットルが目安となります。ぜひお気に入りの旅のお供を見つけてください。

Recommended Brand

Travel Bags

あなたの旅行を快適なものにする大切なお供です。
キャリーケース以外にも移動手段や収納する荷物に応じて
様々な旅行カバンを取り揃えております。

  • あえてローカル線で出かける至福のひと時。1〜2泊サイズで小回りがきく、軽量で柔らかな「ドネ」ボストンバッグS。発売から30年変わらず愛され続ける隠れた名品。革本来のナチュラルな表情を活かした素上げ革は旅先の風景に馴染みます。

    商品ページを見る
  • すべてのアスリートへ贈る、最高のカバン。透湿防水高機能ナイロン「ブリザテック®」を採用した「アシスト」3WAYボストンバッグ。2気室構造でスニーカーやウェアも収納可能。出張先でもジム通い・ランニングを欠かさないストイックなあなたへ。

    商品ページを見る
  • もはや持ち運べるクローゼット。3WAY仕様で旅先のあらゆるシーンを想定した「ブースパック」3WAYダッフルバッグM。2〜3泊サイズで機内持ち込みにも対応。ブース分け&兄弟シリーズ「スナックパック」と組合わせることで理想のパッキングを実現します。

    商品ページを見る
  • 10年後も共に旅を満喫し尽くす。価格以上に価値ある一生もの。吉田カバン「ラゲッジレーベル」を代表する「ライナー」ダッフルバッグS。PVC加工を施したハードな使用にも耐えうる堅牢な綿キャンバスは修理をしながら何年もご愛用いただけます。

    商品ページを見る
  • カバン業界激震の、重さを感じさせない無重力バッグ。肩当て部に仕込まれた「muatsu」のおかげで重たい荷物を入れても快適に移動ができます。旅行に持って行くならスペースを無駄なく使えるスクエア型ビジネスリュックがオススメ!

    商品ページを見る

シチュエーション別
オススメ旅行カバン

ここではクールキャットスタッフのオススメ旅行カバンと、実際に荷物を入れてみたイメージを
シチュエーション別にご紹介。旅行に出かける前に妄想を膨らませてみてください。

スタッフ西平が持って行くならこの旅行カバン

普段から"財布・タオル・スマホ・鍵"と荷物少なめの私と旦那。久々の温泉旅行も荷物は必要最低限。「なんとかなる」が合言葉の私たち。「浴衣あるしパジャマいらんし、歯ブラシも旅館にあるやろーし」ってことで着替えと充電器、ワックス、化粧水をポイポイッと入れて準備万端!

荷物少ないのに大きいバッグを選ぶのはお土産を爆買いしちゃうから。目についたものを片っ端からとりあえず購入。このバッグは収納部が2つに分かれているので、荷物は片側だけ使ってもう片側はお土産用にフリースペースにしておくんです。両手が塞がるのが嫌なのでお土産もスッポリ入るしリュックにもなっちゃうこのバッグが旅行のお供。

普段あんまり着ないワンピースを忍ばせた私とお気に入りのトレーナーを選んだ旦那。実はこのトレーナー、初デートのときに着てたんです。それを思い出してニヤけたのは内緒。

(コメント:スタッフ西平 / モデル:スタッフ宮島)

商品ページを見る
スタッフ原が持って行くならこの旅行カバン

着まわしベタなのが永遠の課題。用途別でかわいいポーチに分けたい。生粋の雨女なので、折りたたみ傘は必須。
それに加えて、出張はかなり緊張するので空き時間はできる限りリラックスしたい。新幹線ではスリッパに履替えたいし、一日の終わりはいつものパジャマで寝たい。帰るときはTシャツに着替えて、ご褒美にビールで乾杯したい。

ということで荷物が多く、いつも周りに驚かれます。これだけの荷物は重すぎて2輪タイプだと確実に手首を傷めるため、断然4輪タイプ推しです。出し入れが多いなら、前ポケットのあるキャリーがオススメ。
ノートPCに資料や手帳、切符、モバイルバッテリー。原は移動中の暇つぶしに小説に漫画、お土産リスト、アイマスクにおやつまで忍ばせています。
忘れ物が多いので、メッシュ収納部もポイント高い!絶対必要なものはここに入れて何度もチェックしています。

(コメント:スタッフ原 / モデル:スタッフ中戸)

商品ページを見る
スタッフ小島が持って行くならこの旅行カバン

行く場所によって荷物を変えてるんですが今回は3泊4日のグアムにフラッと遊びに行くので仕事道具なしで詰め込んでみました。
お気に入りのTシャツと靴下はいつも悩みます。やっぱり旅の気分を上げさせてくれるデザインをチョイスしたいのでかなり時間をかけるところ。だいたいTシャツは4、5枚かな。サングラスも旅の必需品!服装に合わせて数ある中から選びます。アメニティやバスローブはホテルの備品を使うんでこだわりのボディソープだけ持っていきます。
あと最近お気に入りなのがポーター スナックパックのピンク色!キャリーの中に入れていても視認性が高くて今まで黒いポーチだったんですけどピンクになってからすぐに見つけられるので超重宝してます。あと荷物を華やかにしてくれるしテンション上がります。

僕の場合、今まで旅をするたびに持って行く荷物がどんどん減っていってほとんど現地調達が多くなったせいかそれほど持って行く荷物は多くないんですよね。その代わり帰りは隙間にお土産(自分のものが多いけど)をガシガシ詰め込むんでこのサイズのキャリーはちょうどいいなと思いました。

(コメント・モデル:スタッフ小島)

商品ページを見る