吉田カバン(ポーター)正規取扱店クールキャット

2018AWに発表された吉田カバンコレクション。クールキャットで取り扱っているシリーズをラインナップ!

透明感のある鞣しが特徴の北米産牛ステアを使用したレザービジネスシリーズです。オイルを含ませたしなやかな革の質感を活かし、ヘリ巻きも革のみで芯材を極力使用しない作りで仕上げました。 クラシックな見た目ですが機能性の高いポケットを配し、型によってはPC収納を設けており機能性の高いレザービジネスバッグに仕上げています。 金具やファスナーは本体色に合わせて仕上げを変え、ブラックに対してはつや消しのシルバーカラーでシックな印象に、ネイビーには光沢のあるシルバーカラーでドレッシーに、ブラウンにブラックを合わせた限定色にはゴールドカラーを合わせて大人っぽい印象にしました。「ブラウン/ブラック」カラーは初回のみの数量限定生産です。







メイン素材に「革のダイヤモンド」と称される国産最高級のコードバンを使用した、ハイクラスで品格のある革小物シリーズです。内装の革には、イタリア輸入革のヌメ革を使用するなど贅沢に仕上げました。職人技術を感じ取れる切り目のコバの仕上げも丁寧に磨かれており、ベーシックなデザインながらもシャープでスッキリとした印象が特徴です。色は漆黒のブラックと、透明感が魅力的なディープブルーの2色展開です。 ファスナーは高級感があり手当たりも良いエクセラファスナーを採用し、ブラックにはゴールドカラーを、ディープブルーにはシルバーカラーをそれぞれ使用しています。コードバンは使用していくほどに艶が増し、色も深まり味わい深くなっていくため、長年使用していただける魅力の革財布です。







年齢・性別を問わず幅広い方にお薦めの、撥水機能の高い表生地と、引き裂き・引っ張り強度に優れた生地を組み合わせたベーシックなタウンカジュアルシリーズです。メイン素材は表面に蓮の葉のような微細凹凸構造を形成することで水滴との接触面積を減少させており、 生地表面に残る水滴が少なく、高い撥水性が持続する耐久撥水素材です。また、裏面にはPVC加工を施すことで防水性も高めています。フロントポケットの内装にはタブレットやスマートフォンなどを収納できるメッシュ素材のポケットを備えており、ポケット部分には明るい色のクッション材を使用することで視認性を上げています。 全型共通でアクセサリーなどを取り付けることができる二重リング付きのハンドストラップが付属します。







カラーリングや素材感に特徴があるミリタリーを、アウトドアの視点で表現したライトウエイトカジュアルシリーズです。アウトドアアイテム特有の機能性とミリタリーテイストのカラーリングを取り入れながら、軽やかで気負わずに使える雰囲気に仕上げました。 表地はタテ糸がナイロン、ヨコ糸がコットンのツイル織りの生地でナイロン糸の化繊特有の光沢やハリ感がありながらも、コットンの天然繊維の持つナチュラルな風合いにより肌なじみの良い生地になっています。表地にはあらかじめNAT加工(Natural Air Textureの略で繊維表面にナチュラルなシワ感を表現し、柔らかな膨らみを持たせた上質な風合いを表現した特殊加工 )という 特殊な加工を施すことでより柔らかい質感に仕上げ、持ちやすく、持った時の印象もこなれた雰囲気にしているのもポイントです。カラーはミリタリーの代表的な色であるフォリッジとコヨーテにブラックを加えた3色展開で、いずれも内装生地にはミリタリーカラーのフォリッジを採用することで、視認性の向上と視覚的なアクセントを与えています。







一般的なカバンに少しの工夫で操作の面白さや使用する上での楽さを加えることをテーマに開発したトータルカジュアルシリーズです。要所の使い勝手の良さにこだわりながらもベーシックなアイテムを中心に構成し、持つ人を選ばないテイストで幅広いターゲットに提案できるようにしました。 本体生地にはポリエステルを高密度のツイル状に織り上げたDICROS®SOLOという素材を使用しています。アパレル市場では見られる生地ですが、このシリーズではバッグ用途として使えるように織り目の細かさは保ちつつも、高密度に織り上げて厚みと強度を持たせたオリジナルの素材を使用しています。 控えめで上品な光沢感と独特のドライタッチな風合いはどんな服装にも合わせやすくシワが残らない点も大きな特徴です。収納部の開閉やショルダーストラップの調節など、カバンを使用する際に必要な動作に面白みのある感覚的な操作方法を要所に取り入れています。 幅広いターゲットに合わせ、タウンユースからトラベルシーンでも使いやすいトータルのアイテムで構成していますが、新しいスタイルで持てるアイテムも取り入れて既存シリーズとの差別化も図りました。







2003A/Wに発表し、多くのお客様にご支持をいただいている「SOAK」シリーズの新型です。ウォレットのバリエーションを増やし、カードケースやペンケースなど8型を追加してシリーズの構成を充実させました。革の持ち味を活かした、財布・小物のシリーズです。 袋状に縫った後にひっくり返し、ソフト感のあるデザインに仕上げました。他の革小物にはない雰囲気と、使い込むほどに味のでる革が特徴です。裏には豚革を使い、見えない部分に豚革を使用しているなど、細部にわたってこだわりのある商品です。







2010S/Sで発表し、多くのお客様にご支持をいただいているPORTER HYBRIDシリーズに待望のキャリーケース4型が加わります。本体生地X-C1000の特徴である機能性(強度・軽さ・防水性)に加え、各キャリー用パーツも一新し、シリーズコンセプトである「ライトウエイト」を強調しました。 カジュアルタイプのボストンキャリーバッグ2型は大容量の2層式で、未使用時にスペースを取らないように折り畳める仕様です。付属する専用の収納袋に入れて保管できます。ビジネスタイプのキャリーケース2型は、より可動性に優れた4輪タイプで蛇腹式のフロントポケットにはPCや書類などを収納できます。 4型とも共通でジッパーロックタイプのダイアル式TSAロックを取り付けています。また、裏地には糸の段階でセラミック系の抗菌材を練り込み、更にデオドラント加工を施すことで、制菌・抗菌・防臭・消臭機能をもつナイロン素材、バイオライナー®を採用しました。







2012A/Wに発表した、ミリタリーテイストのカジュアルシリーズ「PORTER FORCE」の新型です。大きいサイズのアイテムを中心に構成していたシリーズに、小さなサイズのバリエーションや新たなアイテムを10型加えてさらにシリーズの幅を広げました。 軍用品にたまに見られる偶発的な生地色の差をモチーフにし、フロントポケットの生地とカバン本体の生地に微妙な色の差を出すことでロット違いの生地を使用しているように見せていることが最大の特徴です。 またミリタリージャケットのライニングをイメージして、内装にはエマージェンシーカラーのオレンジ色で、リップストップナイロンにキルティング加工を施したものを使っています。外観はナイロン素材のバッグですが、持った時に初めてキルティングの軽さ、柔らかさが実感できる素材使いがこだわりです。 ショルダーポーチを除き、内装に取り外し式のポケットを付属しており、ポーチ単体としても使用可能です。







しなやかな風合いのエンボス加工を施した革を用いた小物のシリーズ「ポーターカレント」にアイスグレーが新色として加わりました。牛ステアの表面に凪のように穏やかな波を連想させる型押しをしており、品のある落ち着いた雰囲気を醸し出しています。この革は細かな文様を型押ししていますが一つ一つが潰れることなく綺麗に文様が出ていることもポイントです。 アイコンとして表面にはPORTERネームのオリジナル金属プレートを、内装にはジャガード織りのオリジナル生地を採用しています。







手触りが良く発色の良い軽量なポリエステル素材を使用し、シンプルなデザインに仕上げたレディースカジュアルシリーズに新色のパープルが加わりました。表地のポリエステル生地は細番手の糸を高密度に織りあげているため手触りが滑らかで、ふっくらとした質感が特徴です。 また、裏面にはPVC加工を施して耐水性を加えながらも、通常よりも柔らかく仕上がる配合にすることで特有のごわつきを軽減させ、滑らかな質感をキープしています。全型ともメイン室のファスナー引き手には、レザー風のマットブラックのPORTERネーム入り引き手を使用しています。