吉田カバン (ポーター) 正規取扱店

お問い合わせ電話番号
(受付時間 土日祝除く 11:00~17:00)
0120-848-882

リフト

件表示
降順

グリッド  リスト 

23件のアイテム

件表示
降順

グリッド  リスト 

23件のアイテム

吉田カバン ポーター リフト 【シリーズ説明】

※以下は本シリーズ全体の説明となり、写真及び説明文に関しては、アイテムによっては該当しない場合がございます。ご了承下さい。

道具としての「鞄」を追求した25型4色+2型の吉田カバンの本気。

シリーズ名 リフト/LIFT

ブランド名 ポーター/PORTER

「LIFT(運ぶ・持つ)」というカバンの本質を軸に様々なライフスタイル、用途、年齢層に向けて幅広いバリエーションで構成し、カジュアルバッグをメインにビジネスまで網羅したトータルシリーズ。シンプルなデザインにこだわりを詰め込んでいます。
本体生地には2種類の糸を超高密度に織り上げたオリジナル「超高密度ナイロンツイル」を使用。極細の糸を用いて厚手の生地に仕上げることで軽量かつボリューム感のある素材を表現しています。生地の裏にはPVCコーティングを施すことでカバンとして使い勝手の良い適度なハリ感を出しながら、水滴が中に染み込むことを防いでいます。内装生地に使ったナイロンオックスにはシリコンコーティングを施すことで滑らかで荷物を取り出しやすくしています。そしてポイントでセミアニリン仕上げが美しい上質な牛革を配し、シンプルながら高級感のあるデザインに統一しています。機能的には従来のシリーズで培ったノウハウをふんだんに詰め込み、見た目からは想像できない現代風の使い勝手を実現しています。お馴染み「PORTER」タグも生地と同様に超高密度に織り上げたネーム地に熱セット加工を施し凹凸だけで文字を表現したエンボスネームを使用することで洗練された雰囲気を強調しています。
共通の仕様としてバッグ全型の外側にスマートフォンやパスケース等使用頻度の高いアイテムをストレス無く出し入れできるスリットポケットを設け、内装には1930年代のドイツ製の金具をリプロダクトしたステンレス製のオリジナルキーフォブを取り付けています。
バッグ25型4色と単品のキーフォブ2型2色の全27型が揃い、ユーザーのありとあらゆる要望に回答できるシリーズとなっています。

素材
表地:超高密度ナイロンツイル(裏PVC加工)
裏地:ナイロンオックス(表面:シリコンコーティング/裏面:ウレタンコーティング)
付属:牛ステア(コンビネーションなめし・セミアニリン仕上げ)

カラー
ブラック カーキ ブロンズ ネイビー

発表年 2012S/S

生産国 日本

美しい光沢感持つオリジナル生地を使用。非常に軽量で水滴の浸入を防ぎます。全4色が揃います。

エンボス加工で凹凸のみで表現されたPORTERネーム。ブロンズ以外の3色は本体と調和したカラー。ブロンズのみホワイトでポイントとしています。

セミアニリン仕上げで仕上げたキメ細かい牛革と負荷のかかる箇所に打ち込んだカシメもシリーズの特徴。美しさ+実用性を象徴しています。

ファスナープルももちろんオリジナル。スクエアな形状が凛としたシリーズの雰囲気にマッチしています。

内装生地にはシリコンコートされたナイロンを使用。さらりとした手触りが気持ち良く荷物の出し入れも容易。ライトグレーのカラーは視認性も抜群。

伸縮性のあるパワーネットを使ったポケットを多く設けています。中に入れたものをしっかりホールドします。

バッグ全モデルの外側にクッション性のあるスリットポケットを取り付けることで携帯電話などへのアクセスがスムーズ。

1930年代ドイツ製の金具をリプロダクトしたオリジナルキーフォブが付属。全バッグ2ヶ所での付け替えが可能。

ありとあらゆる要望に回答するカジュアルバッグを中心としてビジネスまで網羅した全25型のバッグがラインナップ。

■素材について
超高密度ナイロンツイル:2種類の糸を用いて織ったオリジナルのナイロンツイル。経糸には210デニールのナイロン糸、緯糸には中空状の繊維を複数撚り合わせて紡績した「超合撚ナイロン中空糸」を用いて超高密度に織り上げています。極細の糸を用いて厚手の生地を織ることで軽量ながらも非常にボリューム感があり、シルクのように上品な光沢感を表現することに成功しました。生地の裏面にはPVC加工を施すことにより、ハリ感を出してカバンの形状を整えるとともに、水滴が中に染み込むことを防ぐという効果を持たせています。
オリジナルキーフォブ:1930年代のドイツで勲章を下げるために使われていたものをリプロダクトしたオリジナル金具です。ドイツではその当時から工業が盛んで、現代の技術でも通常は製作が困難な小さなパーツでも非常に高い精度で作られていました。その高い技術力に着目し、忠実に製品化しています。裏面に入れた「PORTER」の刻印もステンレス板をプレス裁断すると同時に刻印するという工業的な手法を用いています。またメッキなどの加工をせずステンレスの質感を活かした仕上げも特徴です。