吉田カバン(ポーター)正規取扱店クールキャット

ペイント

件表示
降順

グリッド  リスト 

4件のアイテム

件表示
降順

グリッド  リスト 

4件のアイテム

吉田カバン ポーター ペイント 【シリーズ説明】

※以下は本シリーズ全体の説明となり、写真及び説明文に関しては、アイテムによっては該当しない場合がございます。ご了承下さい。

シリーズ名 ペイント/PAINT

ブランド名 ポーター/PORTER

持ち手の裏に 貼られたブラウンとホワイトのボーダーのテープが程よい主張となったシリーズ、吉田カバン「ポーター ペイント」。
クッション材を中に入れたキャンバス素材をテープで挟み込むことで形崩れがしにくいように縫製されており、物の出し入れがしやすく、長く使うことによるへたりが少なく自立しやすいという特徴があります。 キャンバス地はパラフィン加工を施しており、撥水性を持たせると同時に、経年変化による「味出し」を楽しめます。
縦型2型、横型2型とトートバッグのみの構成となっており、それぞれ収納できるサイズが違いますので用途、デザインの好みに合わせてお選びいただけます。
シリーズ名は持ち手のボーダー柄が刷毛でペンキを塗ったように見えるところに由来しています。

素材
表地:10号帆布
裏地:綿オックス
附属:アクリルテープ

カラー
ブラック

発表年 2002S/S

生産国 日本

パラフィン加工で撥水性を持たせたハンプにクッション材を内側に入れています。ふわっとした独特の質感に仕上がっています。張りがあることによる高い自立性も魅力です。

シリーズの最大の特徴でもあるテープ使い。ブラウンとホワイトのなんとも言えない可愛さ。総柄ではなく、ハンドル部分だけに柄が入るという奥ゆかしさも飽きずに長くご愛用いただけるポイント。

縦型2型、横型2型と選べるサイズも魅力です。それぞれA4、B4など書類サイズをベースにしたサイズ取りで通学や通勤にも大活躍です。

■素材について
パラフィン加工:テントやトラックの幌などに使われる防水加工の1つ。パラフィンとは基本組成は「ロウソク」と同じでずばり「ロウソクの原料」と表記されることもあります。水に溶けず、水を通さないので生地の防水加工に多用されています。コーティングの方法は生地メーカーごとに様々な方法があるようです。摩擦などで白く跡が残るいわゆるチョークマークが付きやすいことも特徴となりますが、生地自体の特徴としてご理解下さい。