吉田カバン (ポーター) 正規取扱店

お問い合わせ電話番号
(受付時間 土日祝除く 11:00~17:00)
0120-848-882

ネルド ミル トートバッグ

¥37,800
ネルド ミル トートバッグ
ネルド ミル トートバッグ
ネルド ミル トートバッグ
ネルド ミル トートバッグ
ネルド ミル トートバッグ
ネルド ミル トートバッグ
ネルド ミル トートバッグ
ネルド ミル トートバッグ
ネルド ミル トートバッグ
ネルド ミル トートバッグ
ネルド ミル トートバッグ
¥37,800

在庫状況: 在庫あり

¥37,800
  • 欲しい物リストに追加
  • 品番
    BN302
    ブランド
    ネルド/NELD
    シリーズ
    ミル/MILL
    サイズ
    幅390×高さ350×奥行140(mm)
    重量
    約 1180 グラム
    生産国
    中国
    概要

    詳細

    商品説明
    イタリア植物なめし協会に加盟する名門タンナーによるタンニンなめし牛革と国産・姫路の牛革ヌメを使用したイタリア×日本の良質革のコラボレーションアイテム。使えば使うほど深みが増し、高級感ある表情へと変化します。メイン収納部にはB4ファイルが収納できるサイズで、1泊程度の旅行に最適なトートバッグです。

    ※革のシボの付き具合やシワなどの天然の表情は、部位によって個体差がございます。世界に2つと同じものが存在しないオンリーワンの革としてご愛育いただければ幸いです。


     

    トートバッグとは、ハンドルが2本ある手持ちカバンの総称です。片方の肩に掛けて使えるよう、通常の手持ちカバンよりもハンドルが長めに作られているものが多いです。また、荷物を無造作に入れられるように内部の作りはやや簡素なものになっている傾向があります。
    「トート/tote」は英語で「運ぶ」の意味。元々はキャンプなどアウトドアの際に氷のブロックや水を運ぶ目的で作られたのが始まりでした。1900年代頃よりカバンの名称として使われるようになり、現在では様々なバリエーションが広がっています。デザインも洗練され、ファッションアイテムの1つとして定着しています。
    トートバッグはビジネスでもカジュアルでもよく使われる形状ですが、ビジネスバッグによく使われるブリーフケース(ハンドルが短い手持ちカバン)よりもやや中性的で、フェミニンで若干くだけた印象を与えるアイテムです。カッチリしすぎないリラックスした雰囲気を出したいシーンで活躍してくれます。
    通常は開口部がオープンになっている場合が多く、荷物の出し入れが容易な点がトートバッグの特徴の1つですが、近年では旅行やビジネス用途にも対応しやすいようにトートバッグの形状で天ファスナーが取り付けられたタイプも増えています。また、レジ袋削減や環境保護の流れで「マイバッグ」「エコバッグ」として使用されることも多くなりました。

    ネルド ミル 【シリーズ説明】

    ※以下は本シリーズ全体の説明となり、写真及び説明文に関しては、アイテムによっては該当しない場合がございます。ご了承下さい。

    「イタリア・トスカーナ植物なめし協会」品質保証オイルレザー×姫路ヌメ。

    シリーズ名 ミル/MILL

    ブランド名 ネルド/NELD

    良質な革と練り込まれたデザインを価格以上の価値で提供する新星ブランド「NELD」がブランド発足と同時に発表した「ミル」。イタリア植物革なめし協会に所属する「NUOVA GRENOBLE社」のフルタンニンレザーをメイン素材に使用。手作業で時間をかけてなめされ、使い込むごとにゆっくりと熟成していくワインのような特性を持つ革です。コンビネーションで合わせた光沢を持つ革には姫路の牛革ヌメを使用。2種類の革の雰囲気と育ち方の違いを存分に堪能することが出来ます。

    素材
    表:牛革(タンニンなめし・イタリア輸入革)/牛革(姫路ヌメ)
    裏地:コットン100%

    カラー
    ブラック チョコ キャメル ネイビー

    発表年 2014A/W

    生産国 中国

    ■素材について
    本体カラー名になっているメインの革には1977年創業のイタリアNUOVA GRENOBLE社の フルタンニンレザーを使用。ミモザの渋を原料とした植物タンニンなめしの製法で仕上げられ、 自然本来の豊かな表情と柔軟性、しなやかながら強靭な革質が特徴です。ひとつひとつ風合いが 異なるのも魅力です。使うほどに深みを増し、高級感ある表情へと変化します。
    コンビで合わせた革には姫路の国産牛革ヌメを使い、仕上げにワックスアイロンで独自の ツヤとムラ感を加えています。
    メイン革に関してはイタリアの1000以上のタンナー(革なめし企業)の中でも、20社ほどの タンナーしか加盟できない、「イタリア植物なめし本革協会」の品質保証マーク 「Pelle Conciata al Vegetale in Toscana」によりその高い品質を保証されています。
    革は湿気、水を嫌います。濡れた時は乾いた柔らかい布で押すようにして素早く水分を取り払い、通気性の良い状態で保管して下さい。 また水濡れ(雨・汗など)や日焼けによる色落ち、退色は避けられませんので、夏季、雨天での使用、また淡い色の服装に合わせる場合は十分にご注意ください。

    【ネルド】
    『NELD』(ネルド)は、東京浅草橋を拠点に、地に足をつけて色褪せることのないモノ作りを目指しています。高品質なヨーロッパ中心のレザーを最大限生かし、成熟した個人のカジュアルスタイルに合う性差のないプロダクトを展開します。

    - 語源 -
    『NELD』は、珈琲を淹れるための「NELDRIP」(ネルドリップ)からの由来です。 「NELDRIP」とは、現在珈琲の淹れ方の主流であるペーパーフィルターでのドリップに対し、ネル(布)をフィルターにしドリップする方法です。 18世紀にフランスで風味豊かな珈琲を淹れるために創案され、200年以上経った今でも手間を惜しまず丁寧に淹れるこの「NELDRIP」式は、最高の抽出方法だとも言われています。
    私たちも、多様なライフスタイルと情報が氾濫する現代において、地に足をつけて色褪せることのないモノ作りを目指したいという思いを込めて『NELD』というブランド名にしました。 そのために、特に素材を最も重要な要素の一つであると考えています。道具としての耐久性や軽さは勿論の事、長くご愛用いただけるように変化が楽しめる質の良い素材を日本だけでなくヨーロッパにも目を向け、自信をもってお薦めできる素材を厳選しています。 そして、物を運ぶ道具としての『用』と自己表現のアイテムとして『美』の調和を兼ね備えた性差のないプロダクトの展開を追求します。  

    【ネルド】
    『NELD』(ネルド)は、東京浅草橋を拠点に、地に足をつけて色褪せることのないモノ作りを目指しています。高品質なヨーロッパ中心のレザーを最大限生かし、成熟した個人のカジュアルスタイルに合う性差のないプロダクトを展開します。

    - 語源 -
    『NELD』は、珈琲を淹れるための「NELDRIP」(ネルドリップ)からの由来です。「NELDRIP」とは、現在珈琲の淹れ方の主流であるペーパーフィルターでのドリップに対し、ネル(布)をフィルターにしドリップする方法です。18世紀にフランスで風味豊かな珈琲を淹れるために創案され、200年以上経った今でも手間を惜しまず丁寧に淹れるこの「NELDRIP」式は、最高の抽出方法だとも言われています。
    私たちも、多様なライフスタイルと情報が氾濫する現代において、地に足をつけて色褪せることのないモノ作りを目指したいという思いを込めて『NELD』というブランド名にしました。そのために、特に素材を最も重要な要素の一つであると考えています。道具としての耐久性や軽さは勿論の事、長くご愛用いただけるように変化が楽しめる質の良い素材を日本だけでなくヨーロッパにも目を向け、自信をもってお薦めできる素材を厳選しています。そして、物を運ぶ道具としての『用』と自己表現のアイテムとして『美』の調和を兼ね備えた性差のないプロダクトの展開を追求します。

    トートバッグとは、ハンドルが2本ある手持ちカバンの総称です。片方の肩に掛けて使えるよう、通常の手持ちカバンよりもハンドルが長めに作られているものが多いです。また、荷物を無造作に入れられるように内部の作りはやや簡素なものになっている傾向があります。
    「トート/tote」は英語で「運ぶ」の意味。元々はキャンプなどアウトドアの際に氷のブロックや水を運ぶ目的で作られたのが始まりでした。1900年代頃よりカバンの名称として使われるようになり、現在では様々なバリエーションが広がっています。デザインも洗練され、ファッションアイテムの1つとして定着しています。
    トートバッグはビジネスでもカジュアルでもよく使われる形状ですが、ビジネスバッグによく使われるブリーフケース(ハンドルが短い手持ちカバン)よりもやや中性的で、フェミニンで若干くだけた印象を与えるアイテムです。カッチリしすぎないリラックスした雰囲気を出したいシーンで活躍してくれます。
    通常は開口部がオープンになっている場合が多く、荷物の出し入れが容易な点がトートバッグの特徴の1つですが、近年では旅行やビジネス用途にも対応しやすいようにトートバッグの形状で天ファスナーが取り付けられたタイプも増えています。また、レジ袋削減や環境保護の流れで「マイバッグ」「エコバッグ」として使用されることも多くなりました。

    レビュー
    レビューがありません。

    ログインしてレビューする


     

    この商品を購入する
    ※ページ上部商品カート部分へ戻ります。

    新着アイテム