吉田カバン (ポーター) 正規取扱店

お問い合わせ電話番号
(受付時間 土日祝除く 11:00~17:00)
0120-848-882

吉田カバン ラゲッジレーベル ライナー ショルダーポーチS

¥10,260
吉田カバン ラゲッジレーベル ライナー ショルダーポーチS
吉田カバン ラゲッジレーベル ライナー ショルダーポーチS
吉田カバン ラゲッジレーベル ライナー ショルダーポーチS
吉田カバン ラゲッジレーベル ライナー ショルダーポーチS
吉田カバン ラゲッジレーベル ライナー ショルダーポーチS
吉田カバン ラゲッジレーベル ライナー ショルダーポーチS
吉田カバン ラゲッジレーベル ライナー ショルダーポーチS
¥10,260

在庫状況: 在庫あり

¥10,260
  • 欲しい物リストに追加
  • 品番
    951-09243
    ブランド
    ラゲッジレーベル/LUGGAGE LABEL
    シリーズ
    ライナー/LINER
    素材
    綿キャンバス + P.V.C.コーティング
    サイズ
    幅170×高さ140×奥行75〜115(mm)
    重量
    約 350 グラム
    生産国
    日本
    概要

    詳細

    商品説明
    おむすびのようなコロンとしたフォルムがかわいらしく男性だけでなく女性にもオススメしたいミニポーチ。背面に取り付けられたベルトループでベルトポーチとしても使用可能。
    前面にジップポケットを装備。メイン収納部は本体をぐるりと1周したファスナーを開放することでマチ幅を拡張できます。Wファスナーで広く開き出し入れのしやすさ、視認性も優れています。内部にはポケットx1を備えています。


    【吉田カバン】
    吉田カバンは創業以来、日本製にこだわりカバンを作り続けています。職人であり、手縫いをこよなく愛した創業者の精神「一針入魂」は今では社是となっています。それはひと針ひと針を丁寧に縫い合わせていく作業のように、素材選びからデザイン、縫製にいたる全ての工程に手を抜かない吉田カバンのもの作りを表現しています。

    【ラゲッジレーベル/LUGGAGE LABEL】1984年発表
    より高度なユーザーを対象としてポーターに続き立ち上げられた吉田のオリジナルブランド。「こだわりをもつ人達」をターゲットとして、バッグ全体のイメージはもとより、パーツなどにも独自性を出すなど、常にオリジナリティを追求し、縫製にいたるまでこだわりを見せています。

     

    肩から掛けるタイプのカバンの総称がショルダーバッグと呼ばれています。
    日本のバッグの歴史として、戦前は手提げ式カバンが当時の主流でしたが、戦後になって肩に掛けるカバンが急増し、ショルダーバッグが流行になりました。
    ショルダーバッグのカテゴリの中でも近年はとくに「ワンショルダー」と呼ばれるタイプが定番化しています。
    肩掛け用のストラップが短く、タスキ掛けではなく片方の肩に掛ける形状のショルダーバッグが「ワンショルダー」と呼ばれています。「ワンショルダー」には大きく分けて2種類のタイプがあります。
    1つ目はリュックのストラップを1本に変更したような形状のショルダーバッグ。2つ目は片方の肩に掛けるストラップの短いショルダーバッグです。この2つのタイプのうち、クールキャットでは前者を「ワンショルダー」として分類しています。
    ショルダーバッグはその利便性により、ビジネス用から小旅行用まで、用途・大きさともに幅広くラインナップしています。
    ビジネスシーンでは、たくさんの書類やPC・タブレットなどの電子機器を持ち運べるやや大きめタイプが重宝されます。小旅行などではちょっとしたお散歩などで小物を収納したりなど活躍します。色々なシーンで活躍できる「ショルダーバッグ」を是非ご覧ください。

    吉田カバン ラゲッジレーベル ライナー 【シリーズ説明】

    ※以下は本シリーズ全体の説明となり、写真及び説明文に関しては、アイテムによっては該当しない場合がございます。ご了承下さい。

    ラゲッジレーベルの原点。永遠に色褪せない傑作ミリタリー。

    シリーズ名 ライナー/LINER

    ブランド名 ラゲッジレーベル/LUGGAGE LABEL

    1984年「ラゲッジレーベル/LUGAGGE LABEL」立ち上げと同時にリリースされた同ブランドの代表的シリーズ。通称「赤バッテン」と呼ばれミリタリーをベースにしたルックスに赤と白のコンビでデザインされたタグが映えます。
    綿キャンバスにP.V.C.コーティングを施した素材は防水性に優れ使い込むほどに光沢を増します。 カラーリング、パーツにもこだわり抜き、その卓越した完成度は発売以来20年が経過しても色あせず、長く愛用したものと同じアイテムを新たに購入するファンも少なくありません。
    小物からショルダー、トート、旅行に活躍のドラムボストンまでカジュアルなデザイン中心に22型ブラックとカーキの2色がラインナップ。

    素材
    綿キャンバス + P.V.C.コーティング

    カラー
    ブラック カーキ

    発表年 1984A/W

    生産国 日本

    全モデルに「赤バッテン」。内部にはラゲッジレーベルのタグも付きます。

    細部までこだわった高い完成度は発売以来20年が経った今も全く色あせません。

    綿キャンバスに塩化ビニールでコーティング。ハードな使用に耐えうる堅牢な素材です。

    肩から掛けるタイプのカバンの総称がショルダーバッグと呼ばれています。
    日本のバッグの歴史として、戦前は手提げ式カバンが当時の主流でしたが、戦後になって肩に掛けるカバンが急増し、ショルダーバッグが流行になりました。
    ショルダーバッグのカテゴリの中でも近年はとくに「ワンショルダー」と呼ばれるタイプが定番化しています。
    肩掛け用のストラップが短く、タスキ掛けではなく片方の肩に掛ける形状のショルダーバッグが「ワンショルダー」と呼ばれています。「ワンショルダー」には大きく分けて2種類のタイプがあります。
    1つ目はリュックのストラップを1本に変更したような形状のショルダーバッグ。2つ目は片方の肩に掛けるストラップの短いショルダーバッグです。この2つのタイプのうち、クールキャットでは前者を「ワンショルダー」として分類しています。
    ショルダーバッグはその利便性により、ビジネス用から小旅行用まで、用途・大きさともに幅広くラインナップしています。
    ビジネスシーンでは、たくさんの書類やPC・タブレットなどの電子機器を持ち運べるやや大きめタイプが重宝されます。小旅行などではちょっとしたお散歩などで小物を収納したりなど活躍します。色々なシーンで活躍できる「ショルダーバッグ」を是非ご覧ください。

    レビュー
    満足度
    5つ星 :
    100%
    ( 1 )
    合計 : 1 件のレビュー
    並び順:

    1件のアイテム

    件表示
    タイトル:スタッフレビュー
    満足度
    吉田カバンの中でも、このラゲッジレーベルを使っている方を見ると、ミーハーでなく、本物志向の方なんだなぁ。と少々えこひいき的に私の目に映ってしまいます。。。そのくらい『鞄の中の鞄』なのです。そして、私の密かな憧れの鞄です。そんな男性っぽい永遠のミリタリー鞄の中で、男性はもちろん、女性が持っても素敵な形がこのライナーショルダーポーチSです。ファッションでも甘辛MIXが流行っている中にこのアイテムはとてもなじんでくれ、カラーリングもミリタリーカラーなので、お洋服に合わせやすく、大人な雰囲気を醸し出してくれます。でも、形はコロンとしていて可愛さは健在ですし、マチ幅も拡大できるので多少荷物が増えても大丈夫なんです!モードな雰囲気すら漂わせてくれるこのポーチは只者ではありませぬ。なんだかこのレビューを書きながら、自分に合わせているところを想像していたら本気で欲しくなってきました…。 (投稿日時: 2017年3月19日)
    レビューをシェアする
    このレビューは参考になりましたか? 
     
    不適切なレビューを報告 

    ログインしてレビューする


     

    この商品を購入する
    ※ページ上部商品カート部分へ戻ります。

    新着アイテム