吉田カバン(ポーター)正規取扱店クールキャット

吉田カバン ポーター タンカー 縦型フラップショルダーバッグ

¥20,520
吉田カバン ポーター タンカー 縦型フラップショルダーバッグ
吉田カバン ポーター タンカー 縦型フラップショルダーバッグ
吉田カバン ポーター タンカー 縦型フラップショルダーバッグ
吉田カバン ポーター タンカー 縦型フラップショルダーバッグ
吉田カバン ポーター タンカー 縦型フラップショルダーバッグ
吉田カバン ポーター タンカー 縦型フラップショルダーバッグ
吉田カバン ポーター タンカー 縦型フラップショルダーバッグ
吉田カバン ポーター タンカー 縦型フラップショルダーバッグ
吉田カバン ポーター タンカー 縦型フラップショルダーバッグ
¥20,520

マイページ会員なら1900ポイントが貯まります

新規会員登録するとその場で使える1,000ポイントプレゼント!

在庫状況: 在庫あり

Amazonアカウントでお支払いできます
¥20,520
  • 欲しい物リストに追加
  • 品番
    622-07452
    ブランド
    ポーター/PORTER
    シリーズ
    タンカー/TANKER
    素材
    表地:ナイロンツイルポリエステル
    裏地:ナイロンタフタ
    サイズ
    幅260×高さ320×奥行100(mm)
    重量
    約 510 グラム
    生産国
    日本
    概要

    詳細

    商品説明
    2011年追加モデル。タンカーのショルダーバッグに男性に特に人気の高い縦型のショルダーが登場。A4ファイルを収納可能でペットボトル等も充分入れることが出来る程よい容量で幅広い用途に活躍。
    前面にベルクロ+スナップポケット、背面にファスナーポケットを装備。ベルクロ開閉のフラップの下にも口にベルクロが取り付けられたポケットを備えています。メイン収納部はホックストラップ留めで内部には吊りクリアポケットが取り付けられています。


    吉田カバン ポーター タンカー【シリーズ説明】

    ※以下は本シリーズ全体の説明となり、写真及び説明文に関しては、アイテムによっては該当しない場合がございます。ご了承下さい。

    ミリタリーをベースにしたジャパンメイドを代表する永遠に色褪せない名作。

    シリーズ名 タンカー/TANKER

    ブランド名 ポーター/PORTER

    1983年の発表から何度かの追加を経て、現在は旅行バッグから小物まで60型以上がラインナップする吉田カバン/ポーターの代表シリーズ。米軍のフライトジャケットの名品「MA-1」をモチーフにしたフライトサテンと呼ばれる生地はとても軽く手触りも絶品です。外側だけでなく製品では見ることができない部分にも何重にも縫製を施すことで、「軽量」かつ「丈夫」という毎日の使用に耐えうるバッグを実現しました。インナーに使われたレスキューオレンジがデザインのアクセントになっています。ナイロンバッグの常識を変えた永遠のスタンダード。ブラックとセージグリーンの2色展開。
    2014年、30年ぶりの新色としてシルバーグレーが登場しました。

    素材
    表地:ナイロンツイルポリエステル綿ボンディング加工(MA-1タイプ)
    裏地:ナイロンタフタシレー加工

    カラー ブラック セージグリーン シルバーグレー

    発表年 1983S/S

    生産国 日本

    ファッションを選ばずに万能的に使えるブラックと、ミリタリー色が強いセージグリーン。お好みに合わせて色をお選び下さい。2014年に新色「シルバーグレー」が追加されました。

    ジッパーは部分部分でサイズをセレクト。ブラックはシルバー、グリーンはゴールドのジップです。金具はあえて剥げ易いペイントを採用し、使い込むことで雰囲気を楽しめます。

    内装やベルクロにはレスキューオレンジを選択。フラップの端や中をのぞいた時にちらりと見えるオレンジがアクセントになっています。内部の視認性もばっちり。

    【吉田カバン】
    吉田カバンは創業以来、日本製にこだわりカバンを作り続けています。職人であり、手縫いをこよなく愛した創業者の精神「一針入魂」は今では社是となっています。それはひと針ひと針を丁寧に縫い合わせていく作業のように、素材選びからデザイン、縫製にいたる全ての工程に手を抜かない吉田カバンのもの作りを表現しています。

    【ポーター/PORTER】1962年発表
    吉田の技術と伝統を生かしたメインブランド。使うほど肌に馴染み、長く愛用してもらえる鞄を目指しています。素材も伝統的なものから、オリジナルの開発まで幅広く使用し、カジュアルからビジネス、小物に至るまで数多いシリーズを展開しています。

    肩から掛けるタイプのカバンの総称がショルダーバッグと呼ばれています。
    日本のバッグの歴史として、戦前は手提げ式カバンが当時の主流でしたが、戦後になって肩に掛けるカバンが急増し、ショルダーバッグが流行になりました。
    ショルダーバッグのカテゴリの中でも近年はとくに「ワンショルダー」と呼ばれるタイプが定番化しています。
    肩掛け用のストラップが短く、タスキ掛けではなく片方の肩に掛ける形状のショルダーバッグが「ワンショルダー」と呼ばれています。「ワンショルダー」には大きく分けて2種類のタイプがあります。
    1つ目はリュックのストラップを1本に変更したような形状のショルダーバッグ。2つ目は片方の肩に掛けるストラップの短いショルダーバッグです。この2つのタイプのうち、クールキャットでは前者を「ワンショルダー」として分類しています。
    ショルダーバッグはその利便性により、ビジネス用から小旅行用まで、用途・大きさともに幅広くラインナップしています。
    ビジネスシーンでは、たくさんの書類やPC・タブレットなどの電子機器を持ち運べるやや大きめタイプが重宝されます。小旅行などではちょっとしたお散歩などで小物を収納したりなど活躍します。色々なシーンで活躍できる「ショルダーバッグ」を是非ご覧ください。

    レビュー
    満足度
    5つ星 :
    100%
    ( 2 )
    合計 : 2 件のレビュー
    並び順:

    2件のアイテム

    件表示
    タイトル:よかったです!!
    満足度
    出張や研修に行く際に両手が使えるショルダーバッグを探していましたが、本当に一目惚れ…。軽いし見た目はスリムでも沢山収納が出来ます。書類もA4サイズが楽に入るのでこれ一つで日帰りの出張や研修に大活躍してくれると期待しています。 (投稿日時: 2018年3月15日)
    レビューをシェアする
    このレビューは参考になりましたか? 
     
    不適切なレビューを報告 
    タイトル:スタッフレビュー
    満足度
    男性に特に人気がある縦型ショルダー。ご本人が探されている場合も、ギフトで探されている時もいずれもお問い合わせが多いです。そこでこの2011年追加モデルのタンカーのフラップショルダー。縦型は薄マチの物が多く、あまり荷物が入らないものも正直多いのですがこれは本当に程良い便利なサイズ。A4の雑誌などがしっかり入るし、マチも10センチもあるのでかなり立派に詰め込めます。タンカーのふかふか柔らか素材なら荷物を入れないときはそれなりに小ぶりに持てるし、大げさになりにくいのもポイント。 (投稿日時: 2017年3月19日)
    レビューをシェアする
    このレビューは参考になりましたか? 
    (1 人中 1 人がこのレビューが役に立ったと言っています)
     
    不適切なレビューを報告 

    ログインしてレビューする


     

    この商品を購入する
    ※ページ上部商品カート部分へ戻ります。

    新着アイテム